挨拶状の匠TOP>挨拶状のいろは - その他の豆知識

挨拶状のいろは - その他の豆知識

句読点について

「挨拶状の匠」の文例には、「、」や「。」といった句読点がありません。
日本で句読点が生まれたのは明治以降、学校で子どもが文章を読みやすくするためである、と言われています。したがって、文章に句読点をつけることは相手を子供扱いすることに繋がる、という考えから、挨拶状や招待状などには句読点をつけなくなりました。
また、句読点には文章を「切る」という役割があるため、挨拶状では「縁が切れないように」という思いから、句読点を使わないとも言われています。
※近年では、「読みやすいから」と句読点をつける方もいらっしゃいますので、お気軽にお申し付けください。

「さて私こと」「私儀」の使い方について

文中にある「さて 私こと」「私儀」とは「私ことですが~」「私個人のことで恐縮ですが~」という自分を遜って表す言葉になります。そのため、謙遜の意味を込めて行末に下げ、他の文章よりも小さい字で印字されているのです。また、横書きの場合は右端に寄せ、文字の大きさは他と同じになります。

シーンで選ぶ -個人向け-

プライバシーマーク

クレジット決済をはじめ、代金引換、銀行振込からお選びいただけます。

クレジットカード・銀行一覧

営業日カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31